陰毛 抜く

ムダ毛の処理法で一般的なのが、
カミソリでほぼ毎日剃るという方法です。

 

しかし、カミソリで剃るだけでは、
すぐにムダ毛が伸びてしまうので、
ピンセットで抜いているという人も少なくありません。

 

それでは陰毛はどうでしょうか?
一定数ピンセットで抜いているという人もいるでしょう。
一度抜けば、3日〜7日間ほど生えてこないので、
日々のムダ毛処理の負担が減りますよね。

 

ただし陰毛のムダ毛をピンセットで抜くのは、
衛生的にもよくありませんし、
肌トラブルにもつながってしまうので、
ずっと抜き続けるという方法はおすすめできません。

 

まれに陰毛を抜くことがクセになってしまったり、
抜かないと気が済まないというような精神的な問題に発展してしまうこともあるのです。

 

さてどんな肌トラブルがあるのか見ていきましょう。

 

@毛穴にばい菌が入り、炎症が起こる
無理やり毛を抜いてしまうと、
毛穴がぽっかりと開いてしまいます。

 

ここにばい菌が入ってしまうと炎症がおきてしまったり
ニキビができやすくなってしまうこともあります。

 

A毛穴、皮膚へのダメージ
陰毛を抜くときに、皮膚が引っ張られたり、
毛根が傷ついたりします。

 

それを繰り返していると、皮膚はダメージから守るために、
黒い色素を形成します。
これを色素沈着といいます。

 

これにより黒ずんでしまいます。

 

B性病などにもつながる

 

毛穴が空いてしまい出血などがある時に
性行為をしたり、
不衛生な状況になるとそこから菌が入ってしまうこともあります。

 

炎症が長く続いたり、かゆみなどが続く場合は、
婦人科にいかなくてはならなくなってしまいます。

 

C生理中は特にデリケート
生理中は免疫力も下がります。

 

そういう時にピンセットで陰毛を抜いてしまうと、
余計に肌トラブルにつながりやすくなります。

 

以上が、陰毛をピンセットで抜くときに起こり得るデメリットです。
他にも自宅で出来る脱毛、除毛方法はあるので、
出来ればピンセットでの除毛から切り替えてみてください。

 

>>自宅で出来る脱毛法の記事はコチラ